白髪には昆布やワカメって効果ありますか?

髪にはよく海藻類がいいといいますよね?昆布やワカメなどがその典型ですが、白髪にとっても昆布やワカメを食べるのはいいことなんでしょうか?

また、髪の毛の健康や老化防止には食生活も重要だと思うんですが、白髪予防にいい食生活ってどんなものなんでしょうか?

回答:昆布やワカメが髪に良いというのは本当。

髪の毛を作っている栄養素は45種類ほどあるといわれ、白髪予防のためにはこれらの栄養素をできるだけ摂取できるバランスの良い食事が不可欠とされています。

これらの栄養素を摂取すれば白髪予防になるだけではなく、白くなった髪を黒く戻せる可能性まであるという人もいるんですが、食生活で白くなった髪が黒くなった人というのは見たことがないのでこれはちょっと怪しい理論です。

(ちなみに身体にいい食生活の実践で70代にも関わらず白髪がないという人に若杉友子さんがいます。

この人は野草を食べているみたいです。本当に白髪がないのなら凄い話です。)

髪に良いとされる食品は主に肉類、魚類、卵、乳製品、緑黄色野菜、きのこ類、ナッツ類が有名です。

髪の毛の新陳代謝を高めたり、毛細血管を活発にする働きのある栄養素のビタミンEやビタミンPは、ナッツ類や柑橘類に多く含まれており、それらを摂取すると頭皮の健康を底上げすることにも繋がります。

髪の毛にツヤを与えたり、色を黒くするためには海藻類やイカやエビといった甲殻類、牡蠣、大豆類などがあります。

昆布やワカメが髪に良いというのは本当のことでして、海藻類には髪にツヤを出す効果があるので、白髪染めなどで傷んでしまった髪を労わるには最適の食材です。

牡蠣や甲殻類には「銅」が含まれており、これはメラニン細胞を活発にしてくれる成分があるので、メラニン色素を作り髪を黒くするために必要な食品です。

白髪を黒くしたいならば、牡蠣や甲殻類を使った料理を食べると効果的のようですね。

タンパク質も髪に必要な栄養素で、肉類や卵、牛乳などに豊富に含まれていますが、肉類にはコレステロールも含まれているので、髪にいいからといってあまりたくさん摂り過ぎないように注意してください。

こういった食品を積極的に取り入れることが白髪予防にいいといわれる食生活です。

実践するのはなかなか大変ですが、知識として知っておくとスーパーに買い物に行ったときに意識して食材を選べるのではないかと思います。