育毛剤を使って白髪予防ってできますか?

白髪が増えてきて困っています。

どうにか減らしたい、最低でも増やしたくないんですが、そのための方法としては育毛剤は有効でしょうか?

育毛剤を使って髪に栄養を補給すれば髪も若々しさをキープできて、元気になり、白髪予防になりそうなんですか、どうでしょうか?

回答:育毛剤は補助的に利用すれば効果的かもしれません。

髪を黒く保つためには頭皮の栄養状態が深く関係していることは確かですが、育毛剤と白髪の関係についてははっきりしたことは分かっていません。

どちらかというと関係ないと考える人のほうが多い気がしますね。

何がしかの影響は与えている可能性は否定できませんし、やらないよりはやった方がいいかもしれません。

そもそも白髪が生えてくる要因としては、黒髪のメラニン細胞の働きが弱ることにより色素不良を起こして色が抜けてしまい白髪に色をつけられなくなるからです。(髪の毛はもともと白髪です。)

黒髪のメラニン細胞の働きが弱る一番の原因は加齢ですが、細胞の老化を促進するものが摂取している栄養が大きく関係していることを考えると、育毛剤で外から直接栄養を与えれば髪の毛が健康になり、多少の白髪予防の効果は期待できるかもしれません。

頭皮は体内と体外のどちらからの影響も受ける部分ですし、育毛剤は頭皮の血行を良くしてくれたり、髪の毛の発毛を促す栄養などが豊富に含まれていますので全くの無駄ではないでしょう。

血行がよくなれば髪の毛にも栄養が行き渡り、メラニン細胞が活発になることで白髪になりにくくなりますし、発毛の数が多くなればそれだけ白髪が目立たなくなりますし。

それから、白髪染めをしている方にとっても白髪染めで頭皮や髪は傷んでいますから、修復を目的とした育毛剤の使用は効果的のような気もします。

同じ髪の毛であっても、傷んでいるかいないかでは見た目も違ってきますし、髪を保護する目的での育毛剤はいいかと思います。

白髪を予防するには、やはり食生活の改善が一番重要であるでしょうし、外から栄養を補給するよりも内側から栄養を補給した方が吸収率がいいのは確実です。

答えになるかわかりませんが、育毛剤は直接的な白髪予防にはなりませんが、補助的なものとして使用すれば充分効果的であると言えるのではないでしょうか。