白髪染めでアレルギーになるのはなぜですか?

白髪染めを使って頭皮にかゆみやかぶれがでたら、アレルギーだと思っていいんですよね?

一度アレルギー反応がでてしまったらその白髪染めはもう使えないってことですよね?

そもそも白髪染めを使っていてアレルギーになる、あるいはアレルギーだから髪が染められないっていうのは何が原因ですか?

回答:酸化染料に含まれるジアミンがアレルギーの主な原因です。

白髪染めを使ったら、かゆみや蕁麻疹、赤いかぶれ、フケ、抜け毛などの症状がでた!ということになればこれはもう典型的なアレルギー反応です。

アレルギーは怖いもので重い症状になると、呼吸困難や心不全も起こることもあるので甘く見てはいけません。

我慢して使い続けるなんていうのはもってのほかで基本的に白髪染めを使ってアレルギー症状がでたら使用禁止です。

白髪染めを使ってアレルギーが起こる原因は、白髪染めに含まれているさまざまな成分のどれかに反応したからですが、7割方の人は「パラフェニレンジアミン」に代表されるジアミン系の化学成分に反応するといわれます。

ジアミン系の成分は髪の毛をしっかり染める目的で配合されているので、市販の白髪染めのほぼすべてに原材料として使用されています。

そのためこのジアミンにアレルギー反応がでるということになると、市販の白髪染めは基本的には使えなくなるということです。

白髪染めを使う前には、パッチテストをして必ずアレルギーの有無を見極める必要があります。

パッチテストのやり方は簡単で腕の内側に白髪染めの液を少量塗って、48時間ほど様子を見ます。

腕に塗ったところが48時間以内に赤くなったりかゆみや湿疹などの症状が起これば、その白髪染めにアレルギーを持っていることになります。

逆に、そういった症状がなければアレルギーは無いということなので、白髪染めは使えます。

ただ、アレルギー反応とは、体調が少し悪くなっただけでも起こりうることで、前回大丈夫だったから今回も大丈夫というわけではありません。

そのため白髪染めを使うときは毎回パッチテストを実施するようにして安全確認は怠らないようにしてください。

「パッチテストを行って、アレルギー反応が出たら白髪染めはもう使えないの?」

という疑問もあると思います。

これについては、アレルギー反応を起こす成分を配合しているものを含んでいれば他の白髪染めも使えません。

そのためアレルギーの人はノンジアミンの白髪染めを選んで使わざるを得ないというのが実情です。

アレルギーを持っている方でも使うことのノンジアミンの白髪染めというと天然成分のみで作られている白髪染めで、「ヘナカラー」が有名です。

ほかにもトリートメントタイプの白髪染めもノンジアミンですから使えるはずです。

昔はもう、アレルギーがでてしまったら使える白髪染めがなかったんですが、今はノンジアミンの白髪染めも種類がそろっているので白髪染めをあきらめる必要はまったくありません。