白髪を明るく染めたいんですが、できますか?

白髪を染めていていつも思うのですが、どうも仕上がりの髪色が暗いような気がします。

カラー選びや染め方など白髪を明るく染めるコツのようなものがあるんでしょうか?

白髪を明るく染めるためにはどんなことに気をつければいいですか?

回答:白髪を明るく染めるなら自宅染め用を使うのがおすすめ!

白髪染めは白くなってしまった髪を隠す目的があるため、暗めや濃い目の色が多いです。

ですが、最近は市販の白髪染めには明るいブラウンなどのおしゃれな色合いのものもありますし、実際に人気があるようです。

やっぱり白髪染めでも髪を明るくしたい、という女性が多いことをあらわしていますよね。

ただ、美容院に行くと、「白髪は明るく染めることはできない」と言われてしまうケースが多いです。

この理由を探ってみると、美容院のカラーや白髪染めで使われる薬液は髪のキューティクルを保護することを第一に考えられているためで、 髪にダメージを与えてしまいがちな明るい色は限界があり、リクエストに答えられないからなんだとか。

そのためできるだけ明るい色にしてください、と注文しても仕上がりは無難な色に落ち着いてしまうということなんですね。

そのため、白髪を明るい髪色にしたいのならば、市販の白髪染めを使って自分で染めた方がいいです。

自毛よりも2〜3トーンほど明るめの白髪染めならば、白髪でも黒髪でも均一に染めることができ、自然な色合いにすることができます。

しかし、市販の明るい色の白髪染めはブリーチの成分が入っている物が多く、髪が傷んでしまうということは覚悟しておかないといけません。

また、市販の白髪染めを使った方法には、一度お洒落染めなどの普通のヘアカラーを使って黒髪の色を明るくし、その後に明るめの白髪染めを使うという方法もあります。

この方法は一番明るい髪色に染まりますが、髪への負担も一番大きくなってしまいます。

ヘアカラータイプで明るく染めた場合は、その後のヘアケアは欠かせません。

髪を傷めなくないけど明るい色で白髪染めをしたいという場合に、白髪染めトリートメントは使える?という疑問もあるかと思います。

最近では色数も増えて、明るい色味もたくさんある上に色の混ぜ合わせをしてオリジナルカラーを作れるトリートメントもありますからね。

実際のところ、トリートメントタイプの白髪染めでは、髪や頭皮への負担も少ないため安全に使うことができるのですが、しっかりと明るく染めるためにはかなり時間がかかります。

色落ちもしやすいですし、あまり長持ちもしません。

髪や頭皮のことを考えるとトリートメントタイプは素晴らしいものだと思いますが、染毛力や色落ちなどを重視して選ぶとおすすめはできません。