白髪染めを少しでも長持ちさせるにはどうしたらいい?

できるだけ髪への負担を減らしたいことと金銭的な問題もあって白髪染めの回数もできるだけ最小限に抑えたいです。

生え際の新しく伸びてきた白髪はリタッチするしかないとしても髪全体も色落ちをなるべく防ぎたいです。

白髪染めを少しでも長持ちさせるにはどうしたらいいですか?!

回答:白髪を染めた後のトリートメントが大事です。

一般的な白髪染めヘアカラーの場合は持続期間はおよそ2ヶ月〜3ヶ月、ヘアマニキュアになるとおよそ2週間〜3週間ほどしか持ちません。

特にヘアマニキュアは髪の毛への負担が少ないかわりに色落ちが早く、長持ちするものではないので少しでも染めた髪色を長持ちさせようと思ったら最初から使わないほうがいいでしょうね。

さて、一般的な白髪染めヘアカラーの場合は持続期間はおよそ2ヶ月〜3ヶ月といわれていますが、この持続期間の1か月の差というのは染めた髪の毛へのケアに左右されます。

ヘアカラーで白髪を染める場合、1剤2剤に配合されている成分が髪の毛を覆っているキューティクルを開き、髪の毛の内部に色素を入れることで髪を染める仕組みになっています。

そして、この開いたキューティクルはケアをしなければ開きっぱなしのままです。

キューティクルが開いた状態では、髪の毛のタンパク質や水分がどんどん蒸発してしまい、髪の毛が傷む原因にもなりますし、染料も流れていってしまいます。

染料の流れる量が多いと、それだけ早く色落ちしてしまうということなので、白髪染めを長持ちさせるためにはキューティクルをしっかりと閉じることが大事になるということなんです。

キューティクルを閉じる、髪の毛のケアとは具体的にいうと、しっかりとトリートメントをするということです。

染めた後はもちろん、染める前にもトリートメントをして髪の毛にタンパク質などの栄養分を補給してあげることで染めている間の髪の毛の傷みを緩やかにすることができますし、キューティクルにも蓋がされるので染料が流れることを防ぐことができます。

染めた後も毎日トリートメントするくらいのつもりでケアをしていかなければなりませんので面倒くさいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪染めを長持ちさせるにはこれが一番効果的な方法なのです。

トリートメントにも洗い流さないタイプやと昔からある洗い流すタイプなどがありますが、染めた後のケアには洗い流すタイプの方が適していますね。