生え際を上手く染めるコツを教えてください!

新しく伸びてきた髪の根本の白髪がチラチラと目立ちだしたので、リタッチ(部分染め)に挑戦していますがなかなかうまくできません。

自分でもいろいろ試行錯誤しているのですが、生え際を上手く染めるコツがあれば教えてください!

回答:生え際のリタッチ用の染め方&アイテムがありますよ。

白髪染めの要といったら生え際の仕上がりです。

自宅で自分で染めて生え際をうまく染められるようになったらもう上級者といっていいんじゃないでしょうか。

全体的に綺麗に染まっていても、生え際がまだらになっていたりすると見た目もあまり良くないですし、人にも見られる部分ですので気になるもの。

生え際は薬液が塗りにくい部分ですし、うっかり地肌につけてしまったりといった失敗も多い部分です。

生え際のリタッチを失敗させない方法としては、クシを使って行うことが大事なんじゃないかと思います。

あるいは、生え際のリタッチに特化した部分染め用の白髪染めを使うことですね。

ということで使う白髪染めとしてはクリームタイプやトリートメントタイプがいいです。

クシを使って伸ばせるタイプだと生え際がしっかり染められますので。

生え際のリタッチに特化した部分染め用の白髪染めというとサスティから販売されている白髪かくしという商品がおすすめです。

この商品は刷毛のようになっていて手を汚さずに使えますし、細かい作業がしやすいうえ、使うたびに色がしっかり定着するというすぐれものです。

外出時や来客時の一時染めとしても使えるので今すごく売れているみたいですよ。

他にも白髪染めシャンプーなどを使う方法もあります。

白髪染めシャンプーであれば髪を洗うのと同じ感覚で使うことができますし、1番簡単な方法ではありますが、しっかりとした色が出てくるまでに時間がかかり、継続して使い続けていかなくてはなりません。

今すぐに染まるわけでもなく、染まるかどうかもわからないのでこれはおすすめしません。

普通の白髪染めで生え際をうまく染めようと思ったら、薬液をコットンなどに含ませ、それを生え際に貼り付けたり、白髪染めを流すときに生え際をマッサージすると、薬液がなじんで生え際まで染めることができるようです。

工夫をすれば生え際もキレイに染めることができるってことですね。