シリコンシャンプーが染まりを悪くするってホント?

なかなかうまく白髪が染まらないので、ネットでいろいろ調べたところ「使っているシャンプーがシリコン配合だとうまく染まらない」という内容の記事を見かけました。

使っているシャンプーが白髪染めの染まりやすさや色落ちに影響するということなんですがこれってホントですか?

回答:白髪染めにかんしてはシリコンシャンプーはNGです。

シリコンが入っているシャンプーを使っていると、白髪(ヘアカラーも)染まりにくいというのはホントのことです。

シャンプーに配合されているシリコンは、髪の毛の手触りや指通りを良くする目的で入れられています。

髪のキューティクルをシリコン剤で覆うことによってサラサラの髪にしてくれるのですが、髪の表面をコーティングしてしまうので、カラーの染料を弾いてしまい、染まりにくくしてしまうんです。

特にトリートメントタイプの白髪染めやヘアマニキュアタイプの白髪染めのように髪の表面に付着して色をつけて染めるタイプのものは、シリコン配合のシャンプーと相性が悪いです。

シリコンのせいでなかなか白髪が染まらないですし、色落ちも早くなってしまうようです。

また、シリコン配合のシャンプーは最近よく悪者として取り上げられることが多いですよね。

シリコン剤は髪の手触りを良くしてはくれますが、髪や頭皮に刺激となり、地肌の健康を阻害したり、抜け毛などの地肌トラブルの原因にもなる可能性があるというのがその理由です。

実際こうした悪影響がシリコンシャンプーにあるかどうかというと「ない」です。

ただ、髪や頭皮に悪い影響はなくても白髪染めを染まりにくくしてしまうことに関してはシリコンシャンプーの影響は明らかです。

そのため特にトリートメントタイプの白髪染めを使う人は白髪の染めやすさを考慮すると、ノンシリコンシャンプーを使ったほうがいいですね。

最近になってノンシリコンシャンプーも有名になって種類も増えてきましたし、比較的手に入りやすい価格で売り出されています。

レヴールなんかは特に有名なんじゃないでしょうか。

なお、ノンシリコンシャンプーの中でもアミノ酸系シャンプーは特にお肌に優しいと言われており、洗うだけで頭皮ケアにもなります。

白髪染めを使うときはこうしたアミノ酸系シャンプーも一緒に購入したほうがいいかもしれませんね。