白髪ぼかしとはなんですか?

行きつけの理容室で白髪ぼかしなるものをやっているものを知り、気になっています。

自宅で使えるタイプの白髪染めにも白髪ぼかしというものがあることを知り、どんなものかさらに気になっている状態です。

普通の白髪染めと白髪ぼかしでは何が違うんでしょうか?

回答:ロマンスグレーのダンディさをだす男性向けの白髪染めです。

白髪ぼかしとは白髪染めのひとつの方法で、白髪をぼかして自然な髪にすることです。

通常の白髪染めは髪の内部にまでしっかり色を浸透させて、定着させるため劇的に髪色が変わり、白髪を隠せることが利点ですが、自分でやった場合や染めてから時間が経っていない状態ですと、髪色が浮いていたりして人に気づかれやすいということがあります。

その点、白髪ぼかしは、白髪染めと同じように薬液をつけて時間を置いて洗い流すだけという染め方で白髪を染めるというよりも見た目に自然になじませようとするものです。

そのため白髪を完全に染めて隠したい女性には不向きで、ある程度年齢のいった黒髪の中に白い毛が混じった男性が白髪を全て隠すわけではないけれど、量を減らしたりみせたり、白→グレーっぽい色にかえて年相応の髪色にするという目的で利用されます。

また、白髪ぼかしは徐々に髪色をグレー→黒に近づけていくため、1日で白から黒といった劇的な変化がなく、周囲の人にも白髪染めをしていると気づかれ難いことも利点になります。

白髪ぼかしにはこういった特徴がありますので、自然な髪色にしたい方や、人に白髪染めをしていることを隠しておきたい方などに向いている方法といえます。

それから徐々に白髪を染めていくという点では、白髪染めシャンプーと似ていて、同一視されることもあるようですが、厳密には別物と言えます。

白髪染めシャンプーは、普段使いっているシャンプーと取り替えて使用し、回数を重ねて少しずつ染めていくものです。

シャンプーをつけてから洗い流すまで少し時間を置く必要があるのですが、一定時間を置いておけば染まり幅は変わりません。

決められた時間ちょうどでも、長時間置いていても染まり方は変わりませんのであまり時間について考える必要がないのです。

反対に白髪ぼかしは白髪染めシャンプーと同様に少しずつ染まっていくのですが、薬液を髪に置いていた時間によって染まり方が変わるのです。

放置すればするほど黒く染まっていきますので、自分好みの色にするには時間の調節が必要となってきます。