白髪染めと普通のヘアカラーの違いって?

髪を染めるものとしてはいわゆる普通のヘアカラー剤があると思います。若い子が髪を染めるときに使うようなものです。

あちらのほが色の種類豊富だし、白髪染めを買うのも恥ずかしいので普通のヘアカラー剤で白髪染めできないかな?と思っているんですが、それって可能ですか?

また白髪染めと普通のヘアカラー剤の違いってなんなんでしょう?

回答:白髪染めと普通のヘアカラーは別物です。

ドラッグストアなどにいって カラーリングの商品棚を見てみるとヘアカラー用、白髪染め用と分かれていますよね。

同じ髪を染めるものですが、多分ほとんどの人がその違いについて知らないと思います。

基本的には白髪染めもヘアカラーの一種ではありますが、白髪を染めるために作られている白髪染めと黒髪を染めるために作られているヘアカラーは別モノとして考えないといけません。

ヘアカラーと白髪染めの仕組みも少々違っており、ヘアカラーは基本的には「黒髪用」ですので、白髪に対しては綺麗に色が入りません。

しかし、白髪染めは「白髪用」に作られていますので、通常のヘアカラーを使うよりも綺麗に染まりますし、白髪が目立たなくなります。

白髪に色を入れて目立たなくすることができるだけではなく、黒いままの髪の毛も同じ色に染めることができるので違和感のない自然な見た目にすることができるのです。

通常のヘアカラーは白髪に対して全く使えないのか?というとそうではありません。

むしろ白髪の数が少なく、チラホラと数本ある程度でしたら普通のヘアカラーで染めても白髪は目立たなくすることが可能です。

しかし、白髪の数が多くなって目立つようになってくると普通のヘアカラーでは仕上がりに違和感がでてきますから白髪染めを使ったほうが自然な髪色にすることができますし、仕上がりも綺麗になります。

それから白髪染めと普通のヘアカラーの髪へのダメージもも気になるところですよね。

白髪染めは、色素のない髪に色を入れるだけなので傷みが少ないんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、白髪染めもヘアカラーと同様に頭皮や髪の毛にも負担をかけてしまうものです。

一時中断ができる黒髪用のヘアカラーと違って白髪染めの場合、白髪を目立たせるわけにはいかないので使用する回数が多くなってしまいますから、その分、ヘアカラーよりも傷みやすいと言えるかもしれませんね。

長年の白髪染めで髪がパサパサで艶もなく、まとまりも悪くなっている人は多いです。

美容院で染めてもらうと、自分でやるよりも傷みが少ないですし、失敗も少ないので髪や頭皮にとってはいいと思います。

そのためお金はかかりますが、できるだけ美容院で染めてもらうようにして、自宅では毎日のヘアケアも欠かさないようにすると髪の傷みを抑えることもできます。